女性の視点を活かした防災への取り組み

男女共同参画の視点からの防災への取組み

災害リスクを削減し持続可能な地域づくりにつなげる

川崎市男女共同参画センターでは、3.11東日本大震災以降、避難所支援及び「女性とこどものための避難者ほっとサロン」事業を実施して参りました。
女性の置かれている現状を知り、首都圏に位置する都市部である川崎市の地形や人口構成等の地域特性を踏まえながら、各区ごとに様々に防災活動において、さらに男女共同参画の視点が置き去りにならないライフスタイルにあった防災・減災のまちづくりを進めていくことの必要性を感じています。女性市民を中心とした防災冊子製作準備プロジェクトを2012年度に新たに立ち上げ、地域課題の把握や講座を「自ら学び、課題として解決に向けて取り組もうという意思を持った」市民のメンバーと方々と手探りで取り組みの輪を広げています。現在は、女性の視点でつくるかわさき防災プロジェクト(通称:JKB)メンバーをはじめ、地域の女性防災士や自主防災組織の男女のリーダーの方々の協力・連携によって活動内容の充実や必要な仕組みづくりの検討をしています。災害時における女性の労働負担、生活再建、人権確保につなげていくために、平常時に自分の住む地域・地区の日常生活の場に密着して必要となる男女双方のリーダーの養成の在り方や情報提供を含む防災訓練等への支援などにも取り組んでいきたいと考えています。

男女共同参画の視点での、防災関連制作物

※冊子の二次利用の際は、二次利用許可申請報告書(WORD形式)を必ずご提出ください。

1、「男女共同参画の視点でつくる避難所運営ガイド」(平成26年4月発行)
2、「女性の視点でつくる防災冊子」<シニア版><女子版>(平成24年度発行)

男女共同参画の視点でつくる避難所運営ガイド平成26年4月発行

男女共同参画の視点でつくる避難所運営ガイド本冊子は、川崎市の地域で作成している避難所開設・運営のためのマニュアルや日頃の防災訓練の参考にしていただくために、避難所運営において「男女共同参画の視点から避難所運営を考えるためのガイド」として作成しました。自主防災組織の運営者や防災勉強会などでのご利用者の方へ優先配布しております。お気軽にお問い合わせください。

また、本冊子は、
川崎市の総務局危機管理室が公表(2014.4.1)した「避難所運営マニュアル~地震災害対策編~」に併せて活用いただく構成となっています。

●男女共同参画の視点でつくる避難所運営ガイド2014
P1-8(PDF版:1.4MB)
P9-26(PDF版:1.3MB)
避難所運営マニュアル~地震災害対策編~(川崎市 総務局危機管理室4.1改訂版)

女性の視点でつくる防災冊子(シニア版、女子版)平成24年度発行

女性の視点でつくる防災プロジェクトの取り組みの一環として、災害時に声をあげにくいとされる一人暮らしの女性を対象とした防災冊子を作成しました。
「女性の視点でつくった防災手帖シニア版」「ひとり暮らしの女性のための防災BOOK」をwebと川崎市男女共同参画センターにて配布しています。

【制作:防災冊子製作会議】
 かながわ避難者見守り隊 職員
 川崎市 市民・こども局 東日本大震災避難者支援総合相談窓口 職員
 川崎市男女共同参画センター
 編集・協力:NPO法人MAMAPLUG
【オブザーバー】女性の視点でつくるかわさき防災プロジェクトメンバー
【発行:川崎市男女共同参画センター】

※本冊子は、編集時に女性防災士、川崎市総務局危機管理室の助言を受けています。

【詳細】
「女性の視点でつくる防災手帖(シニア版)」
「ひとり暮らしの女性のための防災BOOK」

防災講座レポート

地域で取り組む防災事例

平成24年 取材先一覧


女性の視点でつくるかわさき防災プロジェクトとは

3.11東日本大震災から2年。避難者の声や支援者から学び、女性の視点で考える防災のまちづくりを具体的に進めていきたいと2012年9月に「女性の視点で考えるかわさき防災プロジェクト」が立ち上がりました。地域の防災計画の改定や防災に関する各種マニュアル、検討組織等の合意形成を図る場において、女性の参画を位置づけているものはまだまだ少ないのが実情です。町会長、自治会長などのリーダーの多くは男性が担う傾向があり、女性の意見や要望を反映しづらい環境にあるといえます。防災訓練等への参加者は高齢化しており、訓練時においては炊き出しや救護訓練は女性中心、一方、がれき除去や災害トイレの組み立ては男性が担うというように、男女で役割が予め固定化されていることもあります。しかし、災害はいつどんな状況で起こるかわかりません。これしかできない、この人しかできない、このやり方が通例だからという状態で、本当によいのでしょうか。地域を守るのは男女ともに。そんな課題意識から、自分はどうしたらいいのか、何ができるのかを主体的に考えていくのがこのプロジェクトの一つの役割です。
川崎市の特性をふまえながら、女性の視点が置き去りにならない、防災のまちづくりを進めていくため、生活に根ざした身近な経験値や知恵を活かして避難所運営や日頃の備え、防災教育に活かしていくための取組みを市民参加型のプロジェクトとして行っています。

このプロジェクトで大切にしていること

  • 1人ひとりが防災の主体であり続けること、自助力を高めていくために取り組むことを活動の基本にする。
  • 取り組みを通じて、女性のエンパワメントにつなげ、地域の女性の防災リーダーを1人でも多く増やしていきたい。

プロジェクトの活動紹介

公募で集まったプロジェクトメンバーは次のような活動を行っています。

  • 防災に関する調査活動
    防災に関する情報収集、基礎調査(ヒアリングや取材、必要に応じてアンケート調査)の実施します。
  • 防災講座の企画・実施
    テーマを決めて災害時の事情とその対策について、書籍等では扱われにくいものでも、暮らしの身近な課題の解決につながるような事柄について1から企画し講座を実施します。例えば、トイレのこと、衛生、防犯対策など、ライフステージや家族構成、居住形態等により、備え方も異なりますが、身近にあるものを活かしてどのように備えればいいのか、どのような情報が必要か、メンバーが検討し、講座仕立てでご紹介していきます。
  • 情報の発信・普及活動
    メンバーが主体的に防災に関する収集した情報やプロジェクトの様子などを発信していきます。紙面にて「女性の視点でつくる防災プロジェクト編集・発行」の防災ニュースレターを作成していきます。出前講座として地域(市内を中心に)の防災の取組や学習会などに出張して普及活動を行います。

フェイスブック始めました

JKBによる防災関連制作・発行物

冊子の二次利用の際は、二次利用許可申請書を必ずご提出ください。

「防災ニュースレター」
「災害時に備えるトイレ対策編(改訂版)」

「防災ニュースレター」

災害時に男女がともに自分の命は自分で守り、自助力を高めていけるよう生活者の立場から身近な防災・減災への取り組みの必要性や取り組み方の情報、知恵を集め、それを発信することを目的として、防災ニュースレターを発行しています。ご入用の方は、町内会の回覧や防災訓練等用に印刷して提供します。
防災ニュースレターvol1

【ダウンロード】
「防災ニュースレターvol.5」(1195KB)
「防災ニュースレターvol.4」(667KB)
「防災ニュースレターvol.3」(880KB)
「防災ニュースレターvol.2」(383KB)
「防災ニュースレターvol.1」(584KB)

災害時のトイレ事情と対策についての小冊子できました!

2013年3月に開催した講座をきっかけに災害時のトイレ事情について、
自宅被災生活を送る際にその対策を生活者の視点でまとめた小冊子を
プロジェクトとして作成し配布しています。ぜひご一読ください。

印刷物がほしい方は、すくらむ21(高津区溝口2-20-1)の事務所の窓口で
1部100円(印刷代実費)にて配布中です。
災害に備えるトイレ対策編
「災害に備えるトイレ対策編(改訂版)」
左記の画像をクリックしてダウンロード

※お使いのPCブラウザの環境により、ファイルが開かない(画面が固まってしまう)場合は、マウスを右クリックし「対象をファイルに保存」した上でご確認ください。

UDドライトイレについて

UDドライトイレは、簡易に尿と弁を分けられる仕組みとなっています。
詳しくは下記サイトをご覧ください。
http://www.eqc.kyoto-u.ac.jp/ud-toilet/top.html

関連リンク

「集合住宅の防災マニュアル作りガイド」

平成26年1月に開催した「女性の視点でつくるかわさき防災プロジェクト(通称:JKB)と高津区が共催した講座「集合住宅で災害 その時あなたは?」の内容を編集し、高津区が作成しました。

集合住宅は、立地や規模、設備、居住者の構成などの事情は多様ですので、このマニュアルを参考にしていただき、それぞれの集合住宅にあった、独自の防災マニュアルを作る際のヒントやきっかけとしてお勧めです。

詳細は、高津区危機管理担当のページからご覧いただけます。

Comments are closed.