イキメン研究所

イキメン研究所って?

男性が家事することも育児することも、当たり前の社会に。
パートナーとの関係は良好ですか。結婚のときと産前産後で妻との関係が変わったということはありませんか。
相互に居心地よい関係づくりのために男性自身が考えて動き始めたからスタートしたのが、この研究所の始まりです。
家事や育児に積極的な男性を紹介したカジダン、イクメン。
そして孫世代の子育てに積極的に関わるおじいちゃんを紹介したイクジイ。
プロジェクトとして、写真展の開催・川柳の公募と表彰をして参りましたが、2013年からは、パパたち自身が子育て、家事、地域での“当事者”として関わっていくためにはどうすればいいのか、どのように関わることかを研究するとともにその在り方を広げていくための企画・イベントを実施しています。
イキメンとは、地域で「イキ」活きと活躍する男性(メンズ)のことです。

イキメン研究所 活動内容

活動 パパのための子育てサロン Salon papa’sの開催

平成26年度活動

研究課題 父子手帳作成とPRを通じた、男女共同参画社会における男性の家庭・地域参画の実践
研究方法 サロン等、地域のパパ向けイベントを開催しながら、地域ならではのコンテンツを提供します。
研究計画 ●メンバー定例研究会:毎月第2土曜日(サロンパパス終了後)

●年間スケジュール:
4~9月 サロンを開催しながら父子手帳コンテンツを作成
10月中 父子手帳発行(予定)
10月~ 両親学級、プレパパ・プレママ教室、
    パパ向けイベント等に出張PR
11月~ 参加型かわさきの父子手帳ブログ、WEBページ公開
2月~  すくらむ21まつりでイキメン応援イベント開催

2.取り組みの様子

3.イキメン研究所の生い立ち ~これまでの取り組み~

2008
(平成20)
年度
ワーク・ライフ・バランス(イクメン講座の開催)
2009
(平成21)
年度
カジダン・イクメン写真展・政令市合同企画
2010
(平成22)
年度
カジダン・イクメン写真展・政令市合同企画/
かわさきパパスクール(協働事業)
2011
(平成23)
年度
カジダン・イクメンプロジェクト/
写真展(年3回:政令市・事業所・教育委員会・川崎フロンターレ連携)
【応募総数:75作品】
川柳の募集【応募総数:154作品】
2012
(平成24)
年度
カジダン・イクメン・イクジイプロジェクト
/写真展(年1回:川崎フロンターレ、教育委員会、NPO法人ファザーリングジャパン、パパ塾、7工業組合団体女性活躍事務局長会議)
【応募総数:61作品】
川柳の募集【応募総数:46作品】
川崎市人権・男女共同参画室と川崎フロンターレ、川崎浴場組合連合会、NHK教育テレビ(Eテレ)がコラボレーションして行うイクフロキャンペーンの一環で開催されたイクフロ写真展の企画・実施と本プロジェクトの紹介

2011(平成22)年~2012(平成23)年度

①カジダン・イクメンプロジェクト
すくらむ21では、川崎市の特色を踏まえワーク・ライフ・バランスの推進の一環として、職場優先になりがちな男性の働き方の見直しと父親の家事・育児への参画がともに進み、男女が協力して子育てに関わることについての学習機会と情報提供を目的として、カジダン・イクメンプロジェクトを実施しました。

【カジダン・イクメンとは…】
●カジダン(家事に積極的な男性) ●イクメン(育児を楽しむメンズ)

カジダン・イクメン写真展

写真展では、カジダン・イクメンを家族やご本人様が撮影した作品にエピソードを添えて応募いただきました。
カジダン・イクメン

2011年10月 カジダン・イクメン 写真の紹介
2012年1月 カジダン・イクメン 写真の紹介

カジダン・イクメン川柳

5・7・5のリズムにのせ、カジダン・イクメンについて川柳を詠んだ作品を応募いただきました。

2011年度の作品 川柳応募作品まとめ集
2012年度の募集作品(第7回すくらむ21まつりで、カジダン・イクメン川柳の表彰式を行いました。)
入選された6作品を紹介します。

カジダン・イクメン川柳優秀作品

②パパのグループと一緒に取り組んだ、パパり場
子育て中のパパが集う場をもっと地域にたくさん作れるよう活動している男性を中心にパパたちの企画でイベントを実施しました。
 

Comments are closed.