すくらむ21セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報一覧へ

「男性弁護士に聞く 男性のための離婚の法律講座」

レポート :
日時 平成29年2月19日(日)13:30~16:00
会場 すくらむ21 2階 第1研修室
参加者 5名
講師 穂積 匡史氏(神奈川県弁護士会所属 弁護士)
主催 すくらむ21
レポート 男性のための離婚の法律講座 平成28年度、3回目の離婚の法律講座は、「男性のための離婚の法律講座」として開催しました。離婚を考えるときに必要となる基本的な法律知識について、弁護士の穂積匡史氏をお招きし、わかりやすくご講義いただきました。

まず、離婚手続きは6種類(協議離婚、調停離婚、審判離婚、認諾離婚、和解離婚、裁判離婚)あり、離婚全体の割合から見ると、協議離婚が87.3%、調停離婚が10.0%となっており、(2013年人口動態調査による。)この2種類で概ねを占めていることを理解しました。また、手続きごとに必要となる届出書や、離婚届の不受理申出制度についても説明していただきました。

次に、裁判に至るケースでは離婚原因(民法770条)が必要となること、かつ、有責配偶者からの離婚請求の場合は、よりハードルが高くなることを理解しました。さらに、未成年の子がいる場合には、親権者の指定や面会交流、婚姻費用や養育費についての取り決めに注意する必要があることを学びました。後半は、財産分与の対象と分与の仕方、慰謝料はどのような場合にどのくらい請求できるのか等について、具体例をお示しいただきながら留意点や慰謝料の相場について説明していただきました。加えて、年金分割制度は、大きく2種類「3号分割」と「合意分割」があることについて、それら近年の動向を踏まえて解説していただきました。

最後の20分は質疑応答の時間としました。参加者の方々に質問紙へ記入していただく方法をとり、全ての質問に的確でわかりやすいご回答をいただきました。参加者は少人数でしたが、みなさん熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

 

《参加者の声》
・具体的な事例をあげての説明をしていただき、とてもわかりやすい講座でした。大変勉強になりました。ありがとうございました。
・親の離婚、子の権利から見る、親権は親責任権に変えた方が良いのかも。費用の詳細が聞けまして良かったです。
・離婚の実態、法律、手続きの概要がわかった。


Comments are closed.