すくらむ21セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報一覧へ

ファミリーほっとサロン 週末イベント「世界にひとつだけの子守歌」

レポート :
企画 >2017(平成29)1月21日(土) 10:00~12:00
週末イベント「世界にひとつだけの子守歌」
ソプラノ:佐藤 朋子
ギター伴奏(編曲):飯塚 真司
場所 すくらむ21 4F 多目的室
レポート 世界でひとつだけの子守歌2IMG_3229お天気にも恵まれ、今日は17組の親子さんがいらしてくださいました。
お子さんは19人、週末イベントということで、8人のお父様も参加してくださいました。
今回はお父様、お母様に、お子さんへの愛情をこめて「世界にひとつだけの子守歌」を作っていただくという初めての企画でしたが、参加者の募集を始めてから、わずか1か月で予約が一杯になってしまい、キャンセル待ちの方もいらっしゃるというくらい大変な人気で、スタッフ一同とても嬉しい驚きでした。まず初めにスタッフからのご挨拶をさせていただき、そのあとはプロのピアニストが「子守歌」についていろいろお話させていただきました。
そもそも、「子守歌」とはどんな歌?歌詞は?赤ちゃんが落ち着くリズムって?メロディーは?世界の「子守歌」にはどんな歌があるの?
ディズニーの中の「子守歌」などなど、どれも初めて聞くようなお話ばかりで、いつも歌っている「子守歌」にもこんなにたくさんの秘密があるとは!と目からウロコのお話でした。お父様もお母様もとても興味深く聞いてくださり、特にお父様は真剣なお顔で、一生懸命聞いていらっしゃいました。お話の後は、いよいよ「子守歌」の制作です。
皆さんにお配りした「子守歌」を作るためのマインドマップや、歌詞を書き入れるための紙を前に、お父様とお母さまが頭をひねっていらっしゃいます。お子さんの事をいろいろと思い浮かべながら、お子さんへの愛情を歌という形にしていく作業、初めてのことに皆さん悩みながらも、とても楽しそうに作っていらっしゃいました。歌詞ができて、何となく曲のイメージがまとまったら、次はプロの音楽家達による採譜係が待つテーブルへ。
さぁ、いよいよ「世界にひとつだけの子守歌」を作ります。お父様やお母様の頭の中にあった音が、音符となってメロディーとなっていきます。中には、お父様とお母様の中で意見が分かれる場面も!「う~ん」と悩ましいお声も聞こえて、皆さん、採譜係にイメージを伝えようと一生懸命です。採譜係も一緒になって、イメージを曲に直すお手伝いをします。そして、ようやく完成!!皆さん、一仕事終えたようなお顔でニコニコされているのがとても印象的でした。
採譜係が書き留めた譜面を清書する間、プロのソプラノ歌手とギターによるミニ・コンサートを楽しみました。世界から日本各地の子守歌まで、若いお父様やお母様方は日本の子守歌でも初めて聞く曲もあったようです。耳慣れたディズニーアニメの子守歌では、皆さんゆらゆらとお子さんを抱っこしながら聞いていらっしゃいました。素敵な歌声と魅力的なギターの音色に、しばし時間を忘れてゆったりと子守歌の世界に浸りました。穏やかな子守唄の世界を堪能して、すっかりお子さんたちもスヤスヤ、ウトウトとした頃、清書した譜面をもって採譜係が戻ってきました!待ちかねていた皆さんに一つひとつお渡しして、イベントは終了!大切な可愛いわが子のために、お父様お母様が作った「世界でひとつだけの子守歌」、皆さん出来上がった譜面を、嬉しそうに大切にしまわれて帰ってゆかれました。どうぞ皆さん、お子さんのための世界でたった一つの子守歌、
たくさん歌ってあげてくださいね!。
主催 川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)/
NPO法人 次世代サポート

017

Comments are closed.