起業家インタビュー(萩美千代さん)

HOME > 起業するために > 女性起業家インタビュー

誰かの困りごとをしったとき、新しいアイデアが生まれる

ソーシャルビジネス起業家
カフェマイム 店長
萩 美千代氏

「シニアの溜まり場カフェ」から「地域交流カフェ」へ

あるシニアの方から「退職してから、行く場所がなくなってしまった」という相談を受けたのがきっかけとなり、「地域のシニアが集まる、溜まり場カフェを作りたい」と考えました。この「シニアの溜まり場カフェ」というアイデアが、もっと間口を広げる形となり、現在では「地域交流カフェ」に発展しています。

最近、ソーシャルビジネスを推奨するような風潮がありますが、実際はこのビジネスはとても大変で、ビジネスとして成立させることも実際には難しく、簡単にはおすすめできません。ビジネス成功の鉄則を知らずに、気持ちだけでこの仕事を始めようとするのはとても危険だと思います。また、ビジネスを発展させていくには、常に創意工夫が必要ではないでしょうか。

「ここまででいい」ということはなく、私もいつも新しいアイデアを探してきています。シニアの方からの相談がきっかけとなったように、誰かの困りごとを知ったときに新しいアイデアが生まれると感じています。
これからソーシャルビジネスを始めようとしている人には、ひとりで頑張りすぎないでほしい、家族でも友人でも、困ったら誰かに相談してくださいと伝えたいですね。

店舗情報

カフェマイム


◆アクセス◆
〒212-0013川崎市幸区堀川町66-20 川崎市産業振興会館2階
◆オープン時間◆
月~金 9:30~18:00/土 11:00~18:00
貸し切りパーティ、貸し切り時21:00迄 日、祝休業(応相談)
TEL 044-548-4132 FAX 044-548-4132

Comments are closed.