すくらむ21の紹介

目的・理念

事業目的と施設の役割

今日、男女が互いにその人権を尊重しつつも責任を分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することのできる男女共同参画社会の形成が求められています。

川崎市においては、男女が共に自立し、平等で快適に暮らしていくことを目標として、男女平等推進のための基本的な考え方や総合的な仕組みを定めた「男女平等かわさき条例」を制定し、2001年10月より施行しています。

川崎市男女共同参画センターでは、性別にかかわりなく男女があらゆる分野で持てる力を発揮できる男女共同参画を推進する活動拠点として、調査研究、相談、情報提供、学習・研修、交流・ネットワークづくりを事業として実施します。また、ホールを活用した青少年の舞台芸術活動に寄与します。

川崎市の男女平等に関する計画等について

川崎市男女共同参画センター事業は、川崎市男女平等推進行動計画に基づいています。

施設のご案内


川崎市男女共同参画センターの施設案内をリーフレットにしています。
窓口や市内の公共施設で配布しています。

【ダウンロード】
施設案内リーフレット

館長のごあいさつ

すべての人の 働く・学ぶ・暮らす・生きる につながる場所として

川崎市男女共同参画センターは、川崎市における男女平等推進施策を具体的に実行する市内唯一の拠点施設として、誰もが自分らしくいきることのできる、男女共同参画社会の実現のために、さまざまな事業を展開しています。

これらの事業は、主に次のように分けることができます。

男女共同参画推進の課題やニーズを把握するための【調査研究事業】
生き方や働き方などをはじめ、生活上の悩みの解消をサポートする【相談事業】
男女共同参画に関するさまざまな情報を集約し、発信する【情報提供事業】
講座やイベントを通じて、家族、暮らし、人生などにつながる男女共同参画の理解を促す【学習研修事業】
地域に根ざした男女共同参画の推進のために多様な担い手と新しい事業を展開する【交流・ネットワーク事業】

これらの事業を有機的につなぎ、文字通りの拠点としての機能を果たすことが当センターの設置目的であり、役割です。この役割を果たすことで、市民の皆さんの“はたらく まなぶ くらす いきる”にかかわる悩みの解消、課題の解決を、男女共同参画の視点から取り組んでまいります。

当センターの愛称である「すくらむ21」には、21世紀を迎え、男女が手を取り、肩を組み、助け合い、支えあいながら活動の輪を広げ、男女共同参画社会の実現を目指していこうとの思いが込められています。

すくらむ21は、市民の皆様、地域の市民グループ・団体の皆様、事業所の皆様との連携・協力によって、男女共同参画の拠点施設として十分に役割を果たしていくことで、性別にとらわれすぎず自分らしく豊かに生きることができる、男女共同参画社会の実現に向けた歩みを一歩ずつ着実に進めていくことができると考えております。

これからも皆さまのご理解とご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019年4月
川崎市男女共同参画センター
館長  野村 幸平

各年度の事業の概要

毎年、事業の概要書を作成しております。

※お使いのPCブラウザの環境により、ファイルが開かない(画面が固まってしまう)場合は、マウスを右クリックし「対象をファイルに保存」した上でご確認ください。

冊子をご覧になりたい場合は、センターの書架、 第一交流室でご覧いただけます。