川崎市男女平等推進週間

「川崎市男女平等推進週間」とは?

男女が、互いにその人権を尊重しつつ喜びも責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の形成に向けて、平成11年6月23日に「男女共同参画社会基本法」が施行されました。

川崎市では、平成13年に「男女平等かわさき条例」を制定し、また平成16年に川崎市男女平等推進行動計画「かわさき☆かがやきプラン」を策定し、男女平等のまち・かわさきの実現にむけてさまざまな取組みを開始しました。

その取組みの一つとして「川崎市男女平等推進週間」を設定しました。国の男女共同参画週間に合わせて、6月23日から29日までの一週間です。
川崎市のキャッチフレーズは「誰もが輝き続ける社会をめざして」です。

2019(令和元)年度 川崎市男女平等推進週間中の主な取り組み

第15回すくらむ21まつり

展示活動

男女平等及び川崎市男女共同参画センターの事業紹介に係るパネル展示
・令和元年5月31日(金)~6月7日(金)中原市民館1階ロビー
・令和元年6月10日(月)~6月14日(金)麻生区役所2階ロビー
・令和元年6月21日(金)~6月28日(金)川崎アゼリア広報コーナー
・令和元年6月24日(月)~6月28日(金)市役所第3庁舎1階ロビー

通信「すくらむ」発行

身近な生活のなかでの男女共同参画との関わりに気づき、その生活上の課題や悩みの解決に資する情報を提供する目的で制作している、かわさきの男女共同参画情報誌「すくらむ」を6月末に発行します。

市民館や図書館で男女平等推進

毎年、男女平等推進学習として、各市民館では年間を通じて2回程度、連続講座を開催しています。詳しくは各市民館のサイトをご覧ください。

市民館での男女平等推進学習の紹介