DV被害者支援物資募集

DV被害者支援物資の募集について

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)では、国が主唱する「女性に対する暴力をなくす運動」期間(11月12日から25日まで)にあわせて、DV(ドメスティック・バイオレンス)被害者とその子どもたちが安心して新たな生活を送ることができるよう、支援物資を募集しています。DV被害に苦しみ、暴力から逃れた女性とその子どもたちの自立を応援するためのものです。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、生活の困窮状況が悪化し、DV被害者家庭においても厳しい状況が続いております。

たくさんのご支援ありがとうございました

~DV被害者自立のための支援物資の募集について(ご報告)~

令和3年度は、長期化する新型コロナウイルス感染拡大による影響を踏まえ、団体・事業所による支援に限り募集しました。

募集結果

延べ市内11団体から、ご寄付45,000円と、ご寄贈品を受け賜わりました。ご寄付を活用してすくらむ21が品物を購入し、緊急避難施設(シェルター)を通してDV被害者とその子どもたちへ提供しました。購入品とご寄贈品をあわせて、合計1,430点(段ボール38箱)のご提供をいただきました。

物資内訳

物資提供者の構成(団体・事業所)

川崎地域連合、川崎労働者福祉協議会、川崎労福協商社会、日本冶金工業労働組合川崎支部、神奈川県高等学校教職員組合、国際ソロプチミスト川崎、川崎市教職員組合、川崎市地域女性連絡協議会、川崎商工会議所女性会、富士電機労働組合川崎支部、株式会社ローソン

振り返り

昨年度に引き続き、団体・事業所等による支援に限り募集し、ご寄付・ご寄贈品はすべて支援団体を経由して提供しました。物資の受け取り期間を延長したことで、提供時期は年明けとなりました。今年度は、延べ11の団体から、ご寄付45,000円とご寄贈品を受け賜わりました。マスクや生理用品は他からの物資提供があったため、不要との声も聞かれました。寄付金については、川崎市男女共同参画センターが支援先の希望を聞き取りした上で品物を購入し、緊急避難施設(シェルター)や自立支援施設を通して提供しました。購入品と寄贈品をあわせて、合計1,430点(段ボール38箱)を提供することができました。次年度も、社会情勢を踏まえつつ、DV被害者とその子どもたちの生活のサポートにつながる「支援物資募集」事業を進めていく予定です。

【参考資料】

川崎市男女共同参画センターでは、川崎市DV防止・被害者支援基本計画に基づき、年間を通じてDV予防のための取り組みを行っています。11月は、11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間、11月は児童虐待防止推進月間ですので、女性に対する暴力根絶のシンボルである「パープルリボン」と児童虐待防止のシンボルである「オレンジリボン」が一体となったダブルリボンを紹介しながら、DV予防のための啓発の取り組みを強化する月間にしています。