DV被害者支援物資募集

DV被害者支援物資の募集について

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)では、国が主唱する「女性に対する暴力をなくす運動」期間(11月12日から25日まで)にあわせて、DV(ドメスティック・バイオレンス)被害者とその子どもたちが安心して新たな生活を送ることができるよう、支援物資を募集しています。DV被害に苦しみ、暴力から逃れた女性とその子どもたちの自立を応援するためのものです。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、生活の困窮状況が悪化し、DV被害者家庭においても厳しい状況が続いております。

【団体・事業者限定】困難な状況にある女性のための支援物資の募集

2022(令和4)年度 困難な状況にある女性のための支援物資の募集について

長引く新型コロナウイルス感染症の影響を受け収入減少、生活困窮、DV被害の増加などの実態が明らかになってきています。川崎市男女共同参画センターでは、困難な状況にある女性の自立にむけた一助として支援物資の団体・事業所からの寄付・寄贈を受付ています。集まった物資は、センターが事業を通じて必要としている女性たちへ配布するほか、シェルター等支援団体・機関を通じて提供します。

川崎市男女共同参画センターでは、川崎市DV防止・被害者支援基本計画に基づき、年間を通じてDV予防のための取り組みを行っています。特に11月12日から25日は内閣府の提唱する「女性に対する暴力をなくす運動」期間であり、11月は児童虐待防止推進月間です。「パープルリボン」は、女性に対する暴力根絶のシンボルであることからDV予防のための取り組みをより進める月間と位置付けてこの事業も実施しています。

チラシ
団体・事業者限定の支援物資の募集案内はこちら

【受付期間】

2022.11.12㊏ ~ 12.9㊎

【依頼内容】

o ご寄付(一口:1,000円より受け賜ります)
o ご寄贈(下記の希望物資に該当する物品やノベルティグッズ等の提供)

食料品
米、乾麺(そば、うどん、パスタ)、カップ麺、レトルト食品、缶詰、調味料、 切りもち、お菓子、飲料(緑茶、紅茶、ジュース、水、スポーツドリンク、インスタントコーヒー等)
消耗品
・「文具」・「雑貨」:ガムテープ、養生テープ、マスキングテープ、 A4コピー用紙、自由帳、折り紙、えんぴつ、子ども向け室内用おもちゃ (カードゲーム、ボードゲーム、オセロ 等)、毛糸・かぎ針・ぼう針
・「生活用品」(マスクを除く):液体洗剤(台所・洗濯・風呂・トイレのいずれか)、ラップ類、キッチンペーパー、フリーザーバック、シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ、トイレットペーパー、ティッシュぺーパー、ゴミ袋
タオル類
フェイスタオル・バスタオルで袋に入ったもの
衣類
帽子、靴下
くすり
家庭用常備薬(湿布薬、風邪薬、鎮痛剤、絆創膏、消毒液)

※食料品・くすりは使用期限、賞味期限が2023年2月以降のもの

寄付・寄贈の受付方法について

  1. 下記「2022 年度 支援物資の寄付・寄贈」申込み専用 フォームにてお申し込みください。支援先、支援 内容・提供方法をそれぞれ選択しご記入ください。
  2. 5営業日以内にセンターより受付・お問合せのご連絡をいたします。
  3. センターと貴団体・事業者様との間において受取日を確認の上、ご寄付・ご寄贈いただきます。
  4. 後日、ホームページにて団体名・事業所名を掲載予定のほか、受領証をお送りします。また支援先への提供後に報告書をご送付いたします。

<受付できないもの>
新品であっても長期間保管され黄ばみや傷みの激しいもの、募集している品目以外のものは受け付けられません。ご提供前にご確認お願いします。

寄付金振込先
昭和信用金庫(1345)三軒茶屋支店(003)普通 1152603
口座名義:フク)キョウセイカイショウワ スクラム21 リジチョウ バンドウマリコ
問合せ先
川崎市男女共同参画センター 支援物資担当まで。
【送付・持参先】
〒213-0001 川崎市高津区溝口2-20-1
TEL:044(813)0808 FAX:044 -813 -0864
E-MAIL:scrum21@scrum21.or.jp

みなさんの物資がシェルター等の支援機関・支援先へ届くまでの流れ

令和4年度の支援対象者
  1. 緊急避難施設・母子支援施設
  2. 10代のこどもたちの自立援助施設
  3. ひとり親家庭
  4. 経済的に困窮している非正規シングル女性

たくさんのご支援ありがとうございました

~DV被害者自立のための支援物資の募集について(ご報告)~

令和3年度は、長期化する新型コロナウイルス感染拡大による影響を踏まえ、団体・事業所による支援に限り募集しました。

募集結果

延べ市内11団体から、ご寄付45,000円と、ご寄贈品を受け賜わりました。ご寄付を活用してすくらむ21が品物を購入し、緊急避難施設(シェルター)を通してDV被害者とその子どもたちへ提供しました。購入品とご寄贈品をあわせて、合計1,430点(段ボール38箱)のご提供をいただきました。

物資内訳

物資提供者の構成(団体・事業所)

川崎地域連合、川崎労働者福祉協議会、川崎労福協商社会、日本冶金工業労働組合川崎支部、神奈川県高等学校教職員組合、国際ソロプチミスト川崎、川崎市教職員組合、川崎市地域女性連絡協議会、川崎商工会議所女性会、富士電機労働組合川崎支部、株式会社ローソン

振り返り

昨年度に引き続き、団体・事業所等による支援に限り募集し、ご寄付・ご寄贈品はすべて支援団体を経由して提供しました。物資の受け取り期間を延長したことで、提供時期は年明けとなりました。今年度は、延べ11の団体から、ご寄付45,000円とご寄贈品を受け賜わりました。マスクや生理用品は他からの物資提供があったため、不要との声も聞かれました。寄付金については、川崎市男女共同参画センターが支援先の希望を聞き取りした上で品物を購入し、緊急避難施設(シェルター)や自立支援施設を通して提供しました。購入品と寄贈品をあわせて、合計1,430点(段ボール38箱)を提供することができました。次年度も、社会情勢を踏まえつつ、DV被害者とその子どもたちの生活のサポートにつながる「支援物資募集」事業を進めていく予定です。

【参考資料】

川崎市男女共同参画センターでは、川崎市DV防止・被害者支援基本計画に基づき、年間を通じてDV予防のための取り組みを行っています。11月は、11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間、11月は児童虐待防止推進月間ですので、女性に対する暴力根絶のシンボルである「パープルリボン」と児童虐待防止のシンボルである「オレンジリボン」が一体となったダブルリボンを紹介しながら、DV予防のための啓発の取り組みを強化する月間にしています。